2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 洋麺屋五右衛門にて | トップページ | 倉敷美観地区にて »

2011年3月 6日 (日)

500系に乗って倉敷へ

本日は毎度お馴染みOS氏との珍道中です。
「500系に乗ったことない!」と突然言い出したので、西に行けば走っていることを教えると「乗りたい!」と仰るので500系に乗りに行きました。

新幹線に乗るのに飛行機で伊丹空港へ向かいます。
いつもの第2ターミナルですが、日曜なのに思ったほど混んでませんでした。
20110306_001
展望デッキに向かって、本日の飛行機と対面。
B777-300と思いきや。。。B777-200(JA713A)でした。
20110306_002
座席が売れ残っていたからでしょうか、機材変更です。

プレミアム会員なので普通席でも専用保安検査場からセキュリティ内へ。
20110306_003
「万かつサンド」を買って、ANAラウンジへ。
20110306_004
「万かつサンド」とトマトジュースで朝食です。
20110306_005
搭乗案内の少し前に60ゲートへ。
20110306_005_01
優先搭乗にて機内へ9Aに陣取り、伊丹まで1時間少々の時間を機内オーディオサービスを聞きながら過ごします。
20110306_005_02
伊丹に行くのに窓際の席に座ったのは初めてかもしれません。

飛行機に別れを告げてバスで新大阪駅に向かいます。
20110306_006

ウトウトしているうちに新大阪駅に到着です。
自動販売機で切符を購入して20番ホームへ。
ホーム上には1週間後のダイヤ改正で新大阪にはやって来なくなる「100系」目当ての同業者さんが沢山いました。

100系(K52編成)がやって来ました。
20110306_007
皆さん撮影に余念がありません。
20110306_008_2
向かいのホームから記念に1枚。
20110306_009

100系が去ると「ひかりレールスター」がやって来ました。
20110306_012
駅員さんご苦労様です。
20110306_013

「ひかりレールスター」が去るといよいよ500系がやって来ます。
20110306_014
100系のときにいた同業者の方々の姿はありません。
20110306_015
500系も撮っておいた方がいいと思うんですけどねぇ。
500系は一般の人にも人気が高く、親子が仲良く見てました。
20110306_017
500系のロゴが誇らしげです。
20110306_018

そうこうしていると、懲りずに但馬タッチをしているOS氏からメールが。
伊丹からバスに乗り込んだとのこと。
祈っててとあったので、間に合いませんようにと返してみつつも、8号車集合ということにしてOS氏を待つことに。
発車時刻の少し前にOS氏と無事に合流。

無事にOS氏とも合流できたので500系の車内をご紹介します。
シート配列は3列と2列になっています。
20110306_1004
奥に進んでみると。
20110306_1001
コックピットの絵が描かれています。
左手に見えるのが、お子様向けの運転台です。
20110306_1002
ノッチやブレーキハンドルが動かせます。
20110306_1003
お子様だけではなく、鉄道好きも大喜びでしょう。
300Kmも出るんですよ。
20110306_020
3列シートの後ろには物置のようなものが設置されています。
20110306_1006
シートに座ってみると、そんなに狭さを感じませんね。
20110306_021_2
テーブルの裏に書いてある車内案内も500系の特徴をよく表しています。
20110306_019
車内案内板も500系独特の形を示しています。
20110306_1005
新倉敷まで500系を十分に堪能しました。
ちなみに下は「九州新幹線全線開通記念」缶です。
20110306_022
新倉敷駅に着いた一行は500系が止まっている3分の間に反対ホームへ行って編成写真を撮りました。
20110306_023
ここで500系とお別れです。

500系を見送った2人は山陽本線に乗り換えて倉敷に向かいます。
20110306_024
長くなるので今日はここまで。
続きは明日をお楽しみに。

« 洋麺屋五右衛門にて | トップページ | 倉敷美観地区にて »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 500系に乗って倉敷へ:

« 洋麺屋五右衛門にて | トップページ | 倉敷美観地区にて »